一歩を踏み出せたのなら乗り越えれない問題は存在しない

こんにちは、堀田です。

今回は、

「何ごとも初めの第一歩目が

“一番”エネルギーが必要です。」

 

というお話しをしたいと思います。

 

昔を振り返ると、

 

「“自分には無理”だと思っていました、、、」

 

情熱大陸やガイアの夜明けなどを観ていると、

成功されて今が旬な経営者さんたちも

 

「始めは苦労し、どん底を味わって現在がある」

 

みたいなストーリー展開で紹介されています。

 

 

そんな成功ストーリーを観る度に、

 

「やっぱり上昇志向で

エネルギーがある人が成功するんだなぁ」

 

と、まるでドラマか映画の中の

話のように感じていました。

 

特に「社長の一日」みたいな

スケジュールの紹介などを見ると

分刻みで動き回っていて、とてもじゃないが

「これは無理!」って言ってました。

 

 

でも自分自身、

パティシエからカメラマンに転職する際、

一人の旅カメラマンに出会って

教えてもらったことがあります。

 

それは、

 

「毎日忙しく動き回っていて、大きな
エネルギーを使っているように見える社長よりも、
今日新しいことを始めるあなたの方が
大きなエネルギーを使っている」

 

ということでした。

 

 

例えそれが、

 

「初めての海外旅行」であっても、

分単位で仕事をしている社長よりも

大きなエネルギーを使っているというのです。

 

正直、信じられませんでした。

 

確実に

「初めての海外旅行」よりも

「分単位の忙殺スケジュール」

の方がエネルギーを使っているでしょう!

 

と思っていました。

 

 

しかしそのカメラマンは、

 

34歳で部長という管理職の地位から脱サラし

その貯金で世界中をバックパッカーとして旅をし、

旅の途中で手に入れた一眼レフで風景や人物を写し撮り

今は売れっ子のカメラマンになっているという、

 

まさに一歩を踏み出し、

多忙なスケジュールをこなしている人です。

 

その人物が、

 

「今の忙殺スケジュールよりも
初めて海外に出た方がエネルギーが必要だった」

 

と言っていたのです。

 

そこから自分はカメラマンに転職した訳ですが、、、。

 

 

つまりは何が言いたいかというと、

 

「はじめの一歩さえ踏み出せさえすれば、
その一歩よりも大きくエネルギーを必要とする
場面はないので、何ごとも必ず乗り越えられる」

 

ということです。

 

 

わたし自身も、本当は心配症で

なかなか一歩が踏み出せない人間です。

 

しかし、

 

「一歩さえ踏み出せれば、あとは大丈夫!」

 

ということを身をもって体験したお陰で

色々なスキルと経験を手に入れることができました。

 

あなたも今、インターネットや

ビジネスに苦手意識があるかもしれません。

 

新しい仕事やスキルなど、欲しいと思うことに対して

踏み出すのが億劫になっているかもしれません。

 

 

そんな時は、

 

「とりあえずは一歩踏み出してみよう!
それが一番しんどいんだから」

 

と思ってスタートすることから

始めてみてはいかがでしょうか?

 

そうすれば今よりももっと

新しいことを始めるのが簡単になってきますよ。

 

ではまた!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です